竹田市ボランティア連絡協議会総会が行われました

2017年05月30日

竹田市ボランティア連絡協議会総会が行われました。

 竹田のボランティア団体・個人が一堂に会し28年度事業・決算、29年度の事業計画・予算について承認をいただきました。

 28年度の事業報告では、豊肥地区ブロック研修や、特別活動の竹田ベースキャンプ運営支援(各団体より順番で2名ずつ支援)などについて報告を行いました。

 29年度の事業計画では、「ふくしまっ子応援プロジェクト7」(原発事故の影響でいまだに海など、自然の中で遊べない福島県新地町の小学生を対象に、大分・佐賀・福岡で思いっきり遊んでもらう企画)への寄付ボランティアを行うことなど承認いただきました。
 総会終了後には早速参加者より多くの寄付を頂きました。


 今回は、他の団体の活動を知ることで、参加者のボランティア活動に何か役立てることができればと思い、総会後には竹田で活動する2つのボランティア団体より活動報告を頂きました。

 1.暮らしのサポートセンター(竹田市経済活性化推進協議会)では、センターができた経緯や有償ボランティアの仕組み、実際に活動する人や、依頼者の声などを報告

 2.Taketaつながる食堂では、新しく団体を立ち上げた経緯や、今後の予定、協力依頼などを報告


 今回報告頂いた団体は、目的や手法は違っても竹田のために活動する団体であり、他の団体・個人も同様です。今後も、活動紹介の場を設けて、ボランティア同士が互いに協力していけるよう支援を行っていこうと考えています。

 来賓として来ていただいた大分県ボランティアセンター所長は、竹田は1人の高齢者を1人が支える状況という話をされました。
 今後ボランティアの役割も高まっていくと考えられます。今回のように多くの団体・個人が集まる機会を使い今後もボランティア活動推進のために取り組んでいこうと考えています。

ギャラリー 左右の矢印(←・→)を押すと写真が切り替わります。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider