竹田の子育て支援を行っている夢苞さんが開催した「子育て講演会 by 夢苞」に参加しました。

2016年12月17日

「子育て講演会 by夢苞」に参加しました。

竹田の子育て支援を行っている夢苞さんが開催した「子育て講演会」に、音響や照明などの協力を行いました。

 会では2人の方の講演があり、「できる!気分が良くなる子育て」と題して、県民活動支援室室長の石垣和之さんから、実体験に基づいた視点として、「笑顔」「良い所を見る」「過去(どうして)ではなく、未来(どうすれば)を追求」と言う3点について、強調されていました。

 2人目は、「今どきの子どもたちの心をのぞいて見たら?」と題し、別府大学教授の佐藤敬子さんから、今どきの生徒から見る問題点とコーチング論、「きく」ことの重要性について話がありました。

 子どもは「信じる・認める・任せる」ことで成長すること。

「聞く・訊く・聴く」の違いと役割。

「わからない、、、けど、分かろうとする」ことの大切さ。

 両氏の話は、子育てに関する視点の話でしたが、社協人として人と関わる中で通ずる部分が多くあり、受容・共感・承認の必要性を改めて認識しました。

竹田の子育て支援を行っている夢苞さんが開催した「子育て講演会」